News

VECLOS  ファーストインプレッション in 「ポタフェス」

VECLOSのオーバーイヤーヘッドホンとインナーイヤーヘッドホン(イヤホン)をいち早く体感した皆さんが語るファーストインプレッション。「真空エンクロージャー®」が生み出すサウンドを、皆さんはどう聴いたのでしょうか。オーディオファン・音楽ファンが集まる一大イベント「ポタフェス(ポータブルオーディオフェスティバル2018 SUMMER TOKYO AKIHABARA)」の会場で取材しました。

movie

HPT-700

音がクリア、長時間でも
苦にならない装着感

最近友人に教えられて、いいらしいと聞いてました。試聴できる機会がなかなかなかったんですが、今回出展してるというので、これメインで聴きに来ました。いい感じですね。音がクリアで解像度も高い。トランペットなんかの音も割れないで聴くことができました。音の位置関係がけっこう判別できる定位感もあるんでびっくりしています。実際の音に近い、忠実性にすぐれている音なのかなと思いました。私は2〜3時間は没頭して聴いてしまうので、この装着感もいい。頭にあたる部分の感触がいいんで、長時間着けていても苦にならなそうです。デザインもシンプルでインテリアにもなりそうですね。

HPS-500

透明感と音場がすごい

すごいですね。音場が広くて、ボーカルの声が透きとおっているのでびっくりしました。音楽を聴くとき頭のなかで空間をつくるんですけど、音場が狭いヘッドホンだと楽器も声も全部寄ってしまう。広いと音が分離して空間を感じる状態で聴けます。これはそれを再現できてるのですごいと思いました。解像度もけっこう高くていい。音域は比較的フラットで若干中高域が盛り上がっている感じです。クッションが柔らかいので長時間使っても疲れないヘッドホンだとも思いました。

HPT-700 EPS-700

こういうバランスの良い
ヘッドホンがひとつ欲しい

ちゃんと量感があって、低音とかも聴こえてきて、ボーカルもはっきりしていて、いいヘッドホンだと思います。特に音のバランスがいいですね。自分はけっこう低音が強かったりクセのあるものを使っているので、こういうのがひとつあるといいなと思いました。特に中音、高音あたりがキレイに聴こえてくるなと思います。金属だから見た目重いのかなと思ったのですが、思ったよりかなり軽めだったのでびっくりしています。これでこの値段だったらおトクです。イヤホンは高音がすごく出ますね。低音もちゃんと出ているし、これもいいイヤホンだと思います。バランスも良いし、パワーもあって面白いです。

HPS-500

ずっと展示会で聴いてきた

ずっと注目していて、これまで何度も展示会に出展されたモデルを聴いてきました。最終的にこういう音になったのかという感じです。全体的にうまく出ている、バランスのいい音ですね。サーモスの真空の技術が音にどのようにつながっているのかはちょっとわかりませんが、ただ変な響きが感じられないのは、それが効いているのかなと思います。

EPT-700 EPS-700

バランスが非常にいい

バランスが非常にいいですね。どこかが強調されるのではなく、全体がきれいに出ている感じがします。個人的にはチタンのほうがより中高域が前に出て、一音一音がはっきり聴こえるように思います。ただ、ステンレスのほうが聴きやすいとも言えます。デザインは正直言っておとなしいとは思いますが、着けていて目立たないしどこでも着けやすいかなという印象があります。服装も選ばないのでいいなと思います。サーモスは魔法びんの印象が強いので、音響機器のほうに入られてくるのは驚きでした。

EPS-700

全体的に聴きやすい

いい音で歌の声がはっきり聴こえます。バランスがいいのかな。いま自分が使っているイヤホンより解像度がよくなっていると思います。中低音もいいと思います。着け心地もとてもよかったです。全体的に聴きやすいと思います。

EPT-700

クッキリ解像度が高い。
リケーブルできるのもいい

真空の技術がまさかイヤホンに採用されるとは思いませんでしたね。音がクッキリしてます。クッキリ、ぱきぱき、解像度が高くなっている感じです。特にピアノの音がそういう風に感じられました。いつも使っているのは低音重視のやつで、それとは性格が違うものだと思います。シンプルなデザイン、質感、装着感もバッチリです。リケーブルできるのも楽しみなんじゃないかと思います。

HPT-700

音がキラキラしている

高音が、優しいけどキラキラしているような感じが素敵だと思いました。さっきステンレスのモデルも聴きましたが、あっちのほうが低音が出ているかも。私の好みはこっちのチタンのほうですね。解像度はけっこう高目で出ていて、音場も広い。デザインは全体的に落ち着きがあって割と好きなデザインです。真空がハウジングに活かされているのはびっくりしました。もっと静かな場所で聴いてみたいです。

EPS-500

いつもは聴こえない音が
聴こえてくる

曲の後ろの方でなっている音とか、ふだんのイヤホンだとなんか鳴ってるなぐらいにしか聴こえないけど、これだとそれが良く聴こえてきて、いつも聴いている音楽が違って聴こえます。高い音も低い音も聴き取りやすくなって、深みが感じられる気がします。これを着けて聴きながら仕事をしたらだいぶ進みそうです(笑)。この質感がすごく好き。耳にスッと入るスマートさもいいですね。サーモスが作ってるんですか? ぜんぜん知らなかったです。

HPS-500

クリアな低音、きつくない高音

密閉型の割には低音がクリアで聴きやすい。それが一番特徴かなと思います。かといって高音もきつくない。ハイレゾを聴いたときに解像度も高いと思いました。いつもは通勤でイヤホンを使っているのですが、こちらのほうが音の広がりがある。思ったよりは重くなくて、割とつけやすいかなと思いました。タンブラーとか魔法びんのイメージがあるサーモスが作っているのは意外です。

EPT-700

全帯域の音がまんべんなく出ている

ネットでサーモスがオーディオに進出しはじめたという記事を見て「おおっ?」とびっくりしましたね。イヤホンの中を真空にするというのはすごい技術だと思います。気の使われている周波数特性というか、全部の帯域がバランス良くフラットに出ている。低音がボンボン出ているとか高音がシャリシャリするとか、卵形でもなくて、まんべんなくキレイに聴こえる印象ですね。あと、カナル型にしては音の出方が広い。金属っぽい音というか、硬い音ではなかったです。BAドライバーということですが、ダイナミックかと思うぐらい自然な音です。ケーブルの質感もきれい。不快にならない着け心地。魔法びんのサーモスらしい堅実なデザインだと思います。

HPT-700

低音がよく響く

いいと思います。低音がよく響いてると思います。そういうヘッドホンを探していたので。ベースがよく聴こえる音楽がかっこいいと思って、バンドの曲をけっこう聴いています。デザインはかっこいいと思います。頭にぴったりはまって、通勤中とか、歩きながらでもズレない装着感だなと思いました。サーモスというメーカーは初めてです。えっ? そのタンブラーは有名だから知ってます。そこが出してるとは思わなかった。意外です。

HPT-700 EPT-500

高音が聴きやすい

高音が聴きやすくて、高音と低音のバランスもいいのですが、どちらかというと、低音より高音なのかなと思いました。ヘッドホンのほうは音の広がりがあって、装着性もいいですね。サーモスのタンブラーは使ってます。真空なんですか? 面白いですね。

HPT-700

ライブを見ているような
インパクト、透明感

深みがあるというか、目の前でライブを見ているぐらいの、インパクトのある音が聴こえてきて、すごいキレイだなと思いました。ベースはそこまで効いていないのかなとは思うんですけど、ボーカルがすごく聴きやすかった。高音域がクリアですごい透明感があるような音だったので、それがいいと思いました。着けた感じは、締めつけられる感じもなくて苦痛がないなと。ちょっとだけ私には重いかも知れないですけど、でもかなり軽目だと思いました。こういうシンプルでかっこいいデザイン、私は好きです。いろいろ色がついてると服とか気になっちゃうので、これなら何にでも合いそうでいいと思いました。これすごくいいですね。

EPT-700

ボーカルが前に出てくる

ふだんはボーカルやクラシックを聴いています。これは低域が出ないわけでもなく、中域にかぶさるわけでもなく、ボーカルが前に出てくる感じがあります。ボーカロイドやアニメソングを聴くならすごく合っていると思います。自分の耳にあまり合わないかなと思ったのですがフィット感はわりと合ってくれました。これ標準のケーブルなんですか? 取り回しもよくて柔らかくていいケーブルですね。最初にイヤホンを買うならいいかなと思いました。

HPS-500

立体感、奥行きがある

立体感があるというか、奥行きが感じられる感じです。音の広がりがある。ふだん使っているイヤホンより、低音が聴きやすい。デザインはスタイリッシュな感じだと思います。魔法びんのサーモスが作っているということですが、確かに真空というのは応用できる技術だったんだなと思います。

EPS-500

しっかり音楽を聴きたい人向け

サーモスがイヤホンを作っているのは驚きました。イヤホンの中を真空にするというのは考えていなかったので、面白いなと思いました。低い音がドンドン来るのではなくて、高い音がメインに聴こえるので、聴きやすいイヤホンです。動画サイトのような音質の良くない音を聴いていると最悪になるでしょうし、CDくらいの音を聴くならめちゃめちゃ良くなると思います。一言でいうと、しっかり音楽を聴きたい人向けのちょっといいイヤホンですね。

EPT-500

高音がキレイ、かっこいい

魔法びんのサーモスがイヤホンを作っているというのは今日、初めて知りました。ロック系の曲を聴いたのですが、シンバルのような高い音がキレイに出ているなという印象でした。ふだんは低めがドンドン鳴るようなイヤホンを使っているのですが、女性ボーカルを聴いてみるといつもに比べてキレイな音だなという印象でした。着け心地は、耳にイヤピースがうまくはまってくれて、それが耳にうまく密着してくれます。デザインは金属で、リケーブルもできるし、着けていてかっこいいと思いましたね。

EPT-500

聴いていて楽しくなってくる

サーモスさん、魔法びんはふだん家でも使ってますが、イヤホンに新規参入して初めて出したものだとは思えないぐらい、空間表現が豊かです。女性ボーカルの曲を聴いてみましたが、ボーカルに関しては艶めかしくて、ボーカルだけじゃなくて楽器の音も含めてすべて不快に聴こえる部分がなくて、聴いてて楽しくなってきます。私がいつも使っているイヤホンはドライバー数が多くて、8ドライバーなのですが、これはBAが1個なんですよね。そうは思えないぐらいです。解像度も豊かで、これは他のメーカーさんには見られない、サーモスでしか味わえない音だと思います。装着感も抜群にいいです。今後、新しい製品が出るのも期待したいところです。

EPT-500

聴き心地がいい。
これからもすごく楽しみ

ボーカルの声が立っていて、すごく聴き心地いいですね。低音もよく出ていて臨場感もありますが、低音とかよりも、ボーカルの声を引き立てるイヤホンだと思いました。解像度も高い。こういう音質がいいやつだと聴いていてもキツくならないので長時間楽しめます。シンプルなデザインが好きなので、このごちゃごちゃしていないコンパクトなデザインが気に入っています。サーモスは、イヤホンを前から作ってるんですか? 初めて? 長年技術開発してるのかなと思いました。これからもっと技術が上がっていっていくのではと、すごく楽しみです。